東野幸治『この素晴らしき世界』の感想【お笑いが好きな人に読んでほしい1冊】

この素晴らしき世界 感想

こんにちは。

 

最近僕がハマっているYouTubeチャンネル『東野幸治の幻ラジオ』。 

 

お笑い芸人の東野幸治さんが、名前のとおり、音声だけで配信しているチャンネルです。

www.youtube.com

余談ですが、チャンネル登録者のメイン層は、僕も含めた30~40代の男性とのこと(2020年3月現在)。

東野さんがS極くんに扮した、『放課後電磁波クラブ』をリアルタイムで視聴していた方も多いのではないでしょうか。

 

第5回の配信で東野さんが紹介していた、ご本人の著書

『この素晴らしき世界』

読んでみました。

 

週刊新潮に連載されていたコラムを本にしたもので、31人の吉本芸人さんのエピソードが紹介されています。

  • お笑いが好き
  • 東野幸治さんが好き

こんな人にはおすすめの本です。

 

僕は通勤中の電車の中で、笑いそうになるのを耐えながら読みました。

 

お笑い芸人さん1人あたりのエピソードが短すぎず、長すぎず、読みやすかったです。

 

 

面白かったエピソード

東野さんが「書きたい」と思った芸人さんのことしか書かれていないので、ぶっ飛んだエピソードが多くて、全体を通して面白かったのですが、

個人的に特に面白かったのは、

  • メリケンサックの話(坂田師匠)
  • 耳たぶの話(ほんこんさん)
  • 踊る話(藤井隆さん)
  • 手招きする話(リットン調査団水野さん)

などです。

 

一番好きなのはココリコ遠藤さんのエピソードです。

ここには書けません。お察しください。

 

宮川大助・花子さんの話は感動しました。

 

最後に

闇営業問題の時、ワイドナショーで涙を流したことについて、キングコングの西野さんはあとがきで、こう書いています。

どうか皆様、東野幸治に騙されないでください。

引用:この素晴らしき世界

「心がない」とよく形容されますが、東野さんに心があるからこんな文章が書けるのだと、僕は思い始めています(東野さんの信者っぽいですが)。

 

『この素晴らしき世界』

特に何も考えなくても、面白くて笑える本だと思います。

 

ぜひ一度読んでみてください。

 

あと、YouTubeの『東野幸治の幻ラジオ』
興味がある方は一度聴いてみてください。僕は第8回が好きです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました