半沢直樹『銀翼のイカロス』感想【政治家にも倍返しできるのか!?】

今回の話はスケールがデカい!

 

放送が延期になってしまいましたが、今年TVドラマで新シリーズが始まる『半沢直樹』。 

www.tbs.co.jp

その原作の1つ『銀翼のイカロス』は半沢直樹シリーズの中で最も巨大な敵と半沢が対峙します。今回の敵は、国家権力を持つ政治家です。

僕は原作、ドラマ両方大好きなんですが、勧善懲悪のストーリー。巨大な敵に真っ向勝負を挑んで打ち負かす。やはりそんな構図はとてもスカッとします。

ドラマの予習も兼ねて、『銀翼のイカロス』を読み返してみました。少しネタバレを含みつつ、ご紹介したいと思います。

出向先から東京中央銀行本店に復帰した半沢直樹に頭取から大仕事が降ってきた。破綻寸前の航空会社、帝国航空の再建を担当せよというのだ。だが折しも政権が交替。新政権の国土交通大臣は野心にみちた女性閣僚は帝国航空再生タスクフォースを起ち上げ、半沢たちに巨額の債権放棄を要求してきた。
500億円もの借金の棒引きなんてとんでもない! だが相手が大臣ではさすがの半沢も容易に突破口を見いだせない。しかもなぜか銀行上層部も半沢の敵に回る。この一件のウラには何があるのか? かつて半沢と舌戦をくりひろげた「金融庁一の嫌われ者」、オネエ言葉の黒崎駿一の思惑もカラみ、銀行に隠された大きな闇も見え隠れする。
果たして半沢の運命やいかに?

出典:amazon

 

 

物語のモデル

この物語のモデルになったのは、2009年頃の実際に起こった出来事です。

本作と同じように、自民党が選挙で負け、民主党へと政権交代した時のことです(懐かしい)。

当時日本航空(JAL)は経営破綻の危機に直面していました。時の国土交通大臣の前原誠司氏は、JALの経営再建のため、直轄の「JAL再生タスクフォース」を起ち上げました。

つまり

  • 進政党=民主党
  • 帝国航空=日本航空(JAL)

がモデルになっています。

 

現実の「JAL再生タスクフォース」も、銀行と債権放棄について協議を行っていますが、やはり銀行からの反発は大きかったようです。

 

銀行側からしたら、「債権放棄?ふざけんな!」ってかんじだと思います。国家権力に対し、毅然とNOを突き付ける半沢かっこいい。

 

ちなみに、物語に登場する国土交通大臣の白井亜希子。めちゃめちゃ気が強く、パフォーマンスが大好きなんですが、僕はどうしてもあの政治家を想像してしまいます。もうあの人にしか見えない。

銀行内部の敵

当然債権放棄を拒否したい半沢ですが、銀行の内部にも敵はいました。東京中央銀行常務の紀本です。実は紀本は、進政党の大物政治家である箕部啓治、再生タスクフォースのリーダーの乃原正太ともつながりがあって・・・

 

隠ぺいに隠ぺいを重ねて、銀行内部の闇も相当深いんですが、半沢がこの闇を明らかにして、紀本をはじめ、その他の小物たちをまとめてやっつけてくれます。

富岡さんがかっこいい

東京中央銀行には「検査部」という部署があります。
ここは「象の墓場」と言われ、出世コースを外れた銀行員が主に在籍している部署です。
この検査部に富岡さんっていう外見は冴えないんだけど、実は仕事ができるおじさんがいます。

この富岡さんがかっこいい!

物語の最後では、半沢はこの富岡さんのことを「勇者」に例えています。半沢から見ても、この人は尊敬すべき対象なのでしょう。

金融庁の黒崎がちょっといい人に思えた

いつも半沢の敵として登場する金融庁の検査官、オネエ言葉の黒崎駿一。物語の前半では半沢を追い詰めます。

しかし、進政党(箕部や白井)のやり方を快く思っていない黒崎。「敵の敵は味方」ってことで、ちょっとだけ半沢にヒントを与えてくれます。

「あれ、ちょっといい人じゃない?」って、つい思ってしまいました。

最後に

「たとえ相手が政治家だろうと、関係ない。この際、きっちり片を付けてやる。—やられたら、倍返しだ」

出典:銀翼のイカロス

今回も半沢がきっちり片を付けてくれました!
でもなぜか読後に少しモヤッとするのは、物語の最後、中野渡頭取と富岡さんの去り際の姿のせいかも知れません。

 

4月からTVで始まる新シリーズも楽しみです。

富岡さんは果たして登場するのだろうか。今のところキャストにその名前が無いんですよね。気になるところです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

こちらもおすすめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました